リハビリテーションのご案内 > 回復期リハビリテーション病棟(入院)のご案内

回復期リハビリテーション病棟(入院)のご案内

回復期リハビリテーション病棟とは

回復期リハビリテーション病棟の様子入院の対象となるのは、脳血管疾患又は大腿骨頚部骨折等で急性期の治療を受けて、症状が安定し始めた回復期にあり、リハビリテーションを必要としている患者様です。この回復期に、集中的にリハビリテーション訓練を受ける事がとても重要と考えられています。医師・看護師・理学療法士・作業療法士等が共同でリハビリテーションプログラムを作成し、発症後できる限り早期に集中的にリハビリテーションを行うための病棟です。食事更衣・排泄・移動・会話などの日常生活動作の能力向上による寝たきりの防止と家庭復帰を目的とします。

回復期病棟では、入院生活全般がリハビリテーションです。スタッフが必要以上に介助をせず、ご自分でできる事はできる限りやっていただく事で、身体機能の向上を図って行きます。スタッフは患者様の現状に合わせて、介助・半介助・見守り等のお手伝いをさせていただいておりますのでご理解ください。

回復期リハビリテーション病棟の入院対象疾患と
発症から入院までの期間および入院上限日数

疾患
入院までの日数
上限日数
脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症又は手術後、義肢装着訓練を要する状態 2ヶ月以内 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸随損傷
頭部外傷を含む多部位外傷の発症又は手術後
2ヶ月以内 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節、2肢以上の多発骨折の発症又は手術後 2ヶ月以内 90日
外科手術又は肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後又は発症後 2ヶ月以内 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節又は膝関節の神経、筋又は靱帯損傷後 1ヶ月以内 60日

入院相談

現在入院中の病院の連携室を通して、当院医療相談室までご連絡ください。直接お電話をいただくこともできますが、その場合には後ほど病状についてのお問い合わせをさせていただく事になります。
電話番号:0274-23-9261(病院代表) 内線500番

対象患者さまの入院希望

↓

お手数ですが、現在入院中の病院へ紹介資料の作成をお願いしてください

↓

転院紹介資料が揃いましたら、転院相談担当の方から当院へ転院相談連絡・FAXをしてもらってください
Fax番号:0274-24-1880

↓

紹介資料をもとに対象患者さまであるか確認を行います。
その後、ご家族や患者様ご自身と面談させていただくことになります。ご希望によっては、当院に来院していただいての見学・ご相談も可能です。面談結果もあわせ、担当部門で、
入院の可否について検討させていただきます。

面談も含めて当院で検討させていただいた結果、入院が可能であると認められ、ご家族・患者様ご自身からもご入院の希望をいただいた場合には、入院候補日の調整を行います。
待機していただく場合は、調整がつき次第ご連絡差し上げます。

回復期リハビリテーション病棟への入院にあたって

病棟でのリハビリテーションを開始するにあたっては、目標を明確に定め、その目標に向かって、患者様とご家族・病棟スタッフチームが一丸となって治療を進めていく必要があります。入院にあたっては、下記の事項についてご理解をいただいておく事が、非常に大切なことと考えております。

1   現在の状態の把握

入院の契機となった疾患について、現在の状態と今後の経過についての予想などの確認をまずさせていただきます。また、合併している疾患についても同様の確認をさせていただく必要があります。入院後のリハビリテーションが円滑に行われるために、また、目標設定のためにもとても重要な最初のステップとなります。

2 リハビリテーションの目標設定

退院後をどのようにすごされるか、大きく分けて二つあります。
(1)自宅に帰る
(介護保険サービスの利用や住宅改修なども検討)
(2)施設に入所する
    (施設などへの入所のための手続きなどを開始)
どちらを選択するかで、治療計画が異なってきますので、入院前に、または入院後約1ヶ月程度までにひらかれる最初のカンファランスで目標を明確にしていただきます。

3 入院期間

別紙入院の要件に定められた入院期間をもとに、1で定めた目標や患者様それぞれの身体状況などから、患者様個々に入院期間が設定されます。

4 治療経過の報告、目標の見直し

1ヶ月に一度程度、もしくは状態に応じて、治療経過・現状のご報告と今後の予定についてご説明・ご相談をします。とても大切な打ち合わせとなりますので、お手数ですが、必ずお時間を取っていただきますよう、お願いいたします。必要に応じて、当初の目標を見直さなければならないようなこともありえます。

5 リハビリテーションの中止

以下のような場合には、医師の判断でリハビリテーションを中止させていただく事もありえます。

  1. 身体的・精神的に不安定であり、リハビリテーションの継続が困難であると医師に判断された場合
  2. 患者様御自身のリハビリテーションに対する拒否が強く、訓練が継続困難である場合
  3. リハビリテーション以外の治療を優先すべきであると医師に判断された場合
  4. その他、医師がリハビリテーションの継続が困難であると判断した場合

など

6 退院の基準

以下の退院基準に該当した場合には、当初予定されていた入院期間内であっても退院とさせていただきます。

  1. 入院時、またはその後に見直された目標に到達している場合
  2. 退院後の目標が定まらない場合
  3. 患者様が上記「リハビリテーションの中止」に該当する状況になった場合
  4. ご家族の協力が得られない場合など

施設などへの入所待ちや家屋改修が終わるまでの待機期間であっても、あらかじめ定められた期間を超えての当病棟での入院継続は不可能です。

7 ご家族のご協力

患者様が適切な目標を定め、リハビリテーションを行っていく上で、ご家族のご協力が不可欠です。精神的な支えであるのみでなく、日常生活に必要なケアの方法や介助方法など、病棟生活の段階からご家族にご説明いたしますので、積極的に関与していただけますようにお願いいたします。なにかお気付きの点やご要望がありましたら、予め予定された打ち合わせの時だけでなく、いつでも病棟スタッフにお声がけください。

リハビリテーションについて
外来リハビリテーションについて
回復期リハビリテーション病棟(入院)について

行動倫理規範 | コンプライアンス宣言 | 個人情報保護方針